キャッシングの申込先は複数の項目を比較しないと分からない

キャッシングの申込先を選ぶ際には、年利を比較して決める人が多いでしょう。確かに同じ金額の融資を受けて、着実に返済を行なう際には、同じ返済期間ならば年利が低い方が利息額が少なくなるからです。しかし、キャッシングは返済方法を比較して選ばないと失敗しかねません。同じ金額の融資を受けて、年利も同一であっても、返済方法が異なるだけで利息額に違いが出てしまいます。残高スライドリボルビング方式を採用している金融業者が多いので、返済方法に違いが無いと思われがちですが、毎月の返済額のうち元金返済に充てられている金額を管理しない限り、返済期間が長くなってしまうでしょう。

キャッシングの返済方法には、定率返済方式や元金均等返済といった別の方法も本来は採用出来る筈です。しかし、多くの金融業者が元金均等返済を利用しない理由として、受け取る利息額が少なくなってしまうことが挙げられます。金融業者は、利息をいかに多く受け取るかという点が重要ですから、最初から総利息が少なくなる返済方法を採用しません。元金均等返済が、一部銀行の目的ローンのみで選択可能となっていることは、債務者に有利な返済方法だからです。返済方法次第で総返済額に違いが出ることを知っておくと良いでしょう。