キャッシングの申込みは最初が有利

キャッシングは初めて申込みするときが、最も審査に通過しやすいと言われています。最初は少ない融資からスタートしますが、審査そのものは通過しやすいです。借入件数が増えるほど審査は難しくなりますが、これは現契約中のローンも含めて返済能力の計算をされるからです。消費者金融には総量規制というわかりやすい基準があり、年収の3分の1が借入できる最高額となります。他社ローンの借入も合算しますから、借入件数が増えるほど借入可能額は少なくなるのです。

キャッシングの審査が不利になるケースとしては、審査に立て続けに落ちてしまった場合もあります。申込み履歴も個人信用情報に登録されるので、何度も落ちてしまうとワケありと認識されてしまいます。つまり返済能力がない人、信用力が低い人と解釈されるわけです。

審査で注意したいポイントは、まとめて申込みをする行為です。まとめて10社で審査を受けて、通過できたローンの中から一番有利なものを選ぼうと考える方がいますが、この方法は通用しません。申込みブラックになり、その後は一定期間において一切の審査に通過できなくなる可能性があります。キャッシングの申込みは最初が本命と考えて、審査に通過しやすそうなローンを探して、少ない金額で申込みするのがコツです。