消費者金融など貸金業者は総量規制の対象になっていますが、銀行カードローンは総量規制対象外になっています。総量規制対処外になっていると年収の3分の1以上の借り入れも可能になるので審査が厳しくなる傾向があります。それによりデメリットに感じてしまう人もいますが、メリットになる点もあります。そこで総量規制対象外のカードローンを利用するとどのようなメリットがあるのか見ていく事にしましょう。

・専業主婦が利用可能

総量規制の対象になっているカードローンは借り入れする時に年収制限されるので収入がない専業主婦は利用不可になっています。しかし総量規制対象外のカードローンは配偶者に安定した収入があれば収入のない専業主婦でも利用する事が可能になっています。限度額が30~50万円に抑えられてしまいますが、専業主婦が利用可能なのがメリットになります。

・少額の借り入れの時は収入証明書の提出が不要

総量規制の対象になっているカードローンを利用する時は50万円以上の借り入れをすると収入証明書の提出が必要になってきます。しかし総量規制対象外のカードローンを利用する時は200~300万円以上の高額の借り入れをする時のみ収入証明書の提出が必要になってきます。・少額の借り入れの時は収入証明書の提出が不要なのもメリットになります。