キャッシング契約を申し込む際、必ず与信状況を確認するため、申込先の金融機関から個人信用情報の照会が行われます。この際、多重債務のリスクがあったり、金融事故情報があったりすると審査を通過することが出来ません。しかし、個人信用情報の照会は初回だけに限定されず、定期的な与信状況の確認や契約更新時の再審査も行われます。

特に貸金業法が適用されるキャッシングについては、3ヶ月毎の与信状況確認が義務付けられています。ここで注意が必要なのは、キャッシング契約における取引基本契約(会員規約など)において、与信状況が悪化したと判断される場合に利用停止措置が可能となっています。つまり、1社で金融事故を発生させてしまった場合、与信状況が悪化と見做されることで他のキャッシング契約にもダメージが連鎖してしまいます。利用限度額が増額出来ないため、2,3社のキャッシング契約を行いがちですが連鎖での利用停止にならないよう注意が必要です。銀行カードローンの場合、契約更新が1年毎などと個人信用情報の照会が長めではあるものの、気付いたら新規借り入れが出来なくなっているという可能性もあります。また、クレジットカードの支払状況も与信状況に影響を与えるため、キャッシング契約だけでなく、金融商材全般の利用には注意が必要です。