キャッシングの審査に備える

急にある程度まとまった金額のお金が必要になったり、手持ちのお金が不足した場合にはキャッシングを利用するという方法があります。キャッシングはお金を貸しててもらうのですから、もちろん審査があります。金融会社も営利目的のためにお金を貸しているので、返済能力の無い相手にお金を貸したくはないからです。

そこで、審査のポイントは返済能力の有無ということになります。ここでは、職業の内容や年収などを申告する必要があります。もちろん虚偽の申告をすることは現金ですが、家族や近い親戚に社会的ステイタスが高い者がいるなど、返済能力に対する信頼を上乗せするような事項については、積極的にアピールすることが大切ということになります。

WEB手続きによるカードレスキャッシングの注意点

消費者金融のキャッシングでは、審査に通るとローンカードと呼ばれるカードを受け取って借り入れや返済を行うのが一般的です。ローンカードは、自宅に郵送してもらうこともできますが、自動契約機で受け取る人が多数派です。審査に通ったら、すぐにカードを受け取ってキャッシングできるからです。

大手消費者金融では、申込みから借り入れまで全ての手続きをインターネット上で完了させるWEB手続きのサービスも行っています。借入金は指定の銀行口座に振り込んでもらえるので、ローンカードなしでもスピーディにキャッシングでき、人気を集めています。

カードレスでのキャッシングは、自動契約機に行く必要がなく、勤務中に申し込むこともできるので利便性の高いサービスですが、返済は原則銀行口座からの引き落としとなり、返済方法が限られるというデメリットがあります。口座からの引き落としは、毎月一定額しか返済できないので借入期間が長引いてしまいます。借入期間が長引くと、支払う利息も増えていきます。

WEB手続き・カードレスキャッシングは便利ですが、借り入れ後は時間のある時にローンカードを発行して、返済方法を見直すことも大切です。ATMを使って月々の返済最低額よりも多め多めに返していくことで、利息を抑えることができます。