キャッシング利用中の返済遅延!即、一括返済請求もあり得る!

銀行や消費者金融のキャッシング契約で注意しなければならないのが、返済遅延時の対応がどうなるかです。

取引基本契約には、期日までに返済が出来なかった場合、一括請求をすることが項目にも受けられています。

そのため、返済遅延で即一括返済の請求を知らぬ存ぜぬということは出来ません。

銀行や大手消費者金融の場合、1回の返済遅延や短期間であれば、一括返済の請求をすることは余程のことが無い限りありません。

ですが、注意したいのは中小消費者金融いわゆる街金融の場合は即一括返済の請求があり得ます。

そのため、契約書はしっかりと確認しておくことが重要です。

街金融の場合、相手の返済が遅れる程、自社への影響も大きくなるため、厳しい態度となってしまいます。

そのため、銀行や大手消費者金融と同じような対応と考えることは、控える必要があります。

キャッシングを即日受けるためには借入方法まで注意しよう

消費者金融の大半はキャッシング審査を即日で行っています。しかし、大手消費者金融を中心として、店舗営業を廃止しているので、自動契約機で専用ローンカードを受け取らなければ、即日借入を受けることは難しくなります。なぜなら、専用ローンカードが郵送で送られてくると、少なくとも手元に届くまでに数日要するからです。いくら審査が即日出来たとしても、融資実行されるまでの期間が開いてしまうと、急いで借入したい時には困るでしょう。審査完了と同時に指定口座への振込融資を受けられる消費者金融ならば問題が無いものの、利用明細票が後日郵送されてくる問題があります。

自動契約機コーナーで直接契約をすれば、その場で専用ローンカードが発行出来るので、少なくとも翌日以降まで審査が伸びて借入が出来ないことは起きにくいです。しかし、自動契約機で申込みを直接行ったとしても、土日祝日の場合には勤務先への在籍確認電話が取れないので、融資額が最初は10万円以内に制限されることがあります。在籍確認が取れ次第、本来の利用限度額に引き上げられるものの、平日以外に申込みを行なう際には注意が必要です。インターネット経由で申込みを行なうならば、WEB完結申込みを利用することで、早期に審査を完了させて振込融資締め切り時間に間に合わせる工夫が求められるでしょう。

楽天銀行スーパーローンに申し込むと受けられる2つの特典

楽天銀行スーパーローンは申し込みから借り入れまでの手続きをネット上で完結する事が出来るのがメリットになります。パソコンやスマホで手続きをするだけでお金を借りる事が出来てしまうのですごく便利です。それにネット上で借り入れの手続きをする事になるので24時間いつでも可能で自分の都合に合わせて取引をする事が出来ます。忙しい人にとっても楽天銀行スーパーローンを利用するとメリットになります。また楽天銀行スーパーローンに申し込むと特典も受ける事が出来るので紹介していく事にしましょう。

・同時に楽天銀行の口座を開設すれば無利息サービスが適用

楽天銀行スーパーローンは借り入れや返済をする時に楽天銀行の口座を持っているとすごく便利になります。そこで楽天銀行スーパーローンに申し込みをする時に一緒に楽天銀行の口座を開設すると初回の借り入れをした日の翌日から30日間無利息になる特典を受ける事が出来ます。それにより返済する時の負担が軽減されます。

・申し込みをするだけで楽天ポイントがもらえる

楽天銀行スーパーローンに申し込みをすると1000円分の楽天ポイントをもらえる特典を受ける事が出来ます。また一緒に楽天銀行の口座を開設すると1500円分の楽天ポイントをもらえる特典を受ける事が出来ます。

定率返済方式を採用したキャッシングに注目してみよう

キャッシングを行なう際には、同じ金利設定であっても、返済方法が異なれば大きく総返済額が変わることがよく知られています。残高スライドリボルビング方式を採用している消費者金融が多い理由として、返済額に占める利息の割合を常に高く保てるので、返済回数と返済総額を最大化出来るからです。カードローンへ申込みする際には、審査通過のことのみ考えがちですが、残高スライドリボルビング方式以外の返済方法を使っている金融業者を探してみると良いでしょう。

消費者金融の中には、定率返済方式を採用している会社があります。定率返済方式は、基準となる時点での元本に対して一定の割合を支払う返済方法です。3%または4.2%という割合が設定されていることが多く、100万円の元本があれば、3%の定率返済ならば3万円を返済することになります。ポイントとなるのは、基準となる元本をいつに定めているかであって、定率割合自体はさほど問題になりません。なぜなら、極端に高かったり低い定率返済割合が設定されることは無いからです。最終借入日を基準とした元本に対して、毎回定率返済を行なうならば、毎回の返済額は一定となります。しかし、毎月の指定日時点での元本に対して定率返済をすると、徐々に返済額が下がる違いが生まれます。どちらの方式を採用しているかによって、返済総額が変わる点に注意が必要です。