キャッシングの審査に備える

急にある程度まとまった金額のお金が必要になったり、手持ちのお金が不足した場合にはキャッシングを利用するという方法があります。キャッシングはお金を貸しててもらうのですから、もちろん審査があります。金融会社も営利目的のためにお金を貸しているので、返済能力の無い相手にお金を貸したくはないからです。

そこで、審査のポイントは返済能力の有無ということになります。ここでは、職業の内容や年収などを申告する必要があります。もちろん虚偽の申告をすることは現金ですが、家族や近い親戚に社会的ステイタスが高い者がいるなど、返済能力に対する信頼を上乗せするような事項については、積極的にアピールすることが大切ということになります。

WEB手続きによるカードレスキャッシングの注意点

消費者金融のキャッシングでは、審査に通るとローンカードと呼ばれるカードを受け取って借り入れや返済を行うのが一般的です。ローンカードは、自宅に郵送してもらうこともできますが、自動契約機で受け取る人が多数派です。審査に通ったら、すぐにカードを受け取ってキャッシングできるからです。

大手消費者金融では、申込みから借り入れまで全ての手続きをインターネット上で完了させるWEB手続きのサービスも行っています。借入金は指定の銀行口座に振り込んでもらえるので、ローンカードなしでもスピーディにキャッシングでき、人気を集めています。

カードレスでのキャッシングは、自動契約機に行く必要がなく、勤務中に申し込むこともできるので利便性の高いサービスですが、返済は原則銀行口座からの引き落としとなり、返済方法が限られるというデメリットがあります。口座からの引き落としは、毎月一定額しか返済できないので借入期間が長引いてしまいます。借入期間が長引くと、支払う利息も増えていきます。

WEB手続き・カードレスキャッシングは便利ですが、借り入れ後は時間のある時にローンカードを発行して、返済方法を見直すことも大切です。ATMを使って月々の返済最低額よりも多め多めに返していくことで、利息を抑えることができます。

キャッシングとは違う用途のおまとめローンの使いどころとは

キャッシングによって、急なピンチやお金が足りない場面でも融資を受けて乗り切る事が可能です。

その利便性の高さから複数の消費者金融会社からキャッシングをする人がいます。

しかし、期日までに返済をする必要がありますので、月に何度も返済していますと手間がかかります。

おまとめローンとは、複数のキャッシングで融資を受けている人が複数の会社に返す手間を減らす為の融資サービスです。

おまとめローンを使えば、今契約しているキャッシングを一括返済する為のお金を借りる事ができ、返済をする消費者金融会社を一つにまとめられるといったメリットがあります。

おまとめローンを提供している消費者金融会社は大手が多く、キャッシングのように申込みをして審査を受ける必要があります。

キャッシングの返済は一種の「契約」、遅れがないように注意しよう

今はインターネットで買い物をしたりすることも多くなり、代金をその場で支払わなくても商品が送られることも多くなってきました。とても便利な世の中ではありますが、色々な支払いや書類整理を済ませなければならない中では、ついうっかり支払いが遅れてしまうことは珍しくありません。キャッシングの返済に関してもまた同様で、ついつい支払うのが遅れてしまったり支払いそのものを忘れてしまうということが遅れがちです。

しかし、キャッシングというのは単なる個人的なやり取りではなく、書類審査などを通じた一種の契約です。しかも単一の商品ではなく、まとまったお金が絡んでいることですので、その内容は厳密で、返済の是非、つまりは契約の履行程度に関するデータは蓄積され、他の会社等々にも照会されることになります。

キャッシングは基本的に民事的な領域であり、お金を返し忘れたからといって捕まったりということは原則ない話ですが、だからと言って油断して返し忘れていると、後々、もっと切実にお金が必要になった時に、審査に引っかかってお金が借りられないといった事態も十分考えられます。もちろん借り過ぎてしまったり、無計画なキャッシングをしたりはまずいですが、期限はきっちり守って返すのがキャッシングの基本中の基本ということになりますね。

キャッシング主婦に関して

専業主婦の方がキャッシングを行うのは難しいときが多いです。

専業主婦は一定の収入が無いので、収入を見てキャッシングができるか審査をするカードローンでは審査が通らないことが多いからです。

しかし、専業主婦でもキャッシングを行うことはできます。

それは銀行カードローンです。

銀行カードローンによっては、配偶者の収入証明書や同意書などが必要無いです。

そのため、配偶者の同意が無くてもキャッシングの審査を受けられます。

申込みされた本人の借入審査を行いますが、審査が通ってキャッシングできるようになっても限度額は多くて50万円ほどとなっています。

専業主婦だとキャッシングはできても、その限度額はあまり高く無いと言えます。

ちなみにキャッシングの行える銀行カードローンは、ソニー銀行やジャパンネット銀行などがあります。

ソニー銀行カードローンならば、キャッシングの際の実質年率が13.8%と低く、初回融資は指定口座に振り込んでくれます。

さらに毎月の返済も最低2000円からとなっているので、返済額の負担も大きくはありません。

キャッシングをするならば、ソニー銀行カードローンがいろんな利点が多いのでおすすめできます。

専業主婦がキャッシングする際は、ぜひ参考にしてください。

アルバイトがキャッシングを受ける際の注意点

アルバイトをしている方で、どうしても急なお金が必要になったら困りますよね。

そんな場合、キャッシングの利用を検討するかと思います。

しかしアルバイトの稼ぎでもキャッシングの審査に通るのか、不安を感じている方も多いかと思います。

基本的に成人していて、定期的な安定収入さえあればお金を借りることが可能になります。

ですので、真面目にアルバイトをしている方であればまず問題ないでしょう。

しかし、注意が必要になるのが借入限度額です。

アルバイトの場合、一部の例外を除いて正社員に比べて収入は抑えがちですよね。

さらに信用の問題も、やはりアルバイトは正社員に比べたら劣ってしまいます。

なので審査の通過は問題ないけれど、借入額の大きさはあまり期待できないと言えますね。

このように、例えアルバイトでも安定した収入が見込めていれば審査に落ちる心配もありません。

大きな額を望んでいないのであれば、まったく問題ないと言えるでしょう。

もし数百万円といった高額なお金が必要な場合は総量規制に引っかかってしまいます。

昨今は正社員でなくアルバイトで生活している人も多いので、気になる問題ですよね。

借入限度額が気になる方は、事前に金融会社に確認すると良いでしょう。

大手銀行のカードローンで三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックがオススメの2つの理由

三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック、三井住友銀行カードローン、みずほ銀行カードローンが大手銀行のカードローンでビッグ3とも呼ばれています。それで銀行カードローンでキャッシングをする時にこの3社から選ぶ人が多いですが、三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックがオススメという声が多く聞かれます。そこでなぜ大手銀行のカードローンで三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックがオススメなのか理由を挙げていく事にしましょう。

・融資スピードが早い

三井住友銀行カードローンとみずほ銀行カードローンは申し込みをする日や時間によって即日融資を受ける事が出来る可能性はありますが、基本的には数日かかってしまう事が多いです。しかし三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックは銀行の中に設置されているテレビ窓口で申し込みをすると即日融資を受ける事が出来ます。運転免許証を持っている人が条件となりますが、早くお金を借りたい時は三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックを選ぶのがオススメです。

・提携ATMの手数料が無料

三井住友銀行カードローンとみずほ銀行カードローンはコンビニに設置されている提携ATMを利用してお金を借りると手数料が発生してしまいます。1回ごとに発生するので何度も利用していると出費が多くなってしまいます。しかし三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックは提携ATMの手数料が無料なので利便性の高さでも他の2社を上回っています。

審査に不安のある方にオススメの申込時期

大手消費者金融の審査通過率は約45%です。

一方銀行カードローンの審査通過率は公表されていないので正確には分かりませんが、高くて30%台だと言われています。

この数字を見て意外とハードルが高いと感じる方もいらっしゃることでしょう。

しかし同じ属性の人でも、申込の時期によって審査通過率が変わるのです。

例えば月の始めより月末の方が審査通過率は上がります。特にノルマを達成していない業者なら、ちょっと怪しい申込者でも通してしまえとなるわけです。

また月によっても審査通過率は変わります。一般的に6月と12月はボーナスが支給されるので申込者が減ります。

また3月は年度末なので、ちょっとでも業績を上げるために審査通過率が上がるのです。

審査に不安のある方は、審査通過率が上がる時に申し込むといいでしょう。

休日に即日融資を受ける方法を本音で書きます

休日にどうしてもお金が必要になった時、どこでどう借りればいいか本音で書きます。
まず休日に即日融資が受けられる金融機関は少なく、失敗は許されません。
ですからメガバンクのカードローンよりも大手消費者金融の方が審査に通りやすくてオススメです。

その中で何処の消費者金融を選ぶのかというと、現在地から一番近い自動契約機のある消費者金融です。
なぜなら休日に即日融資を受けるには、自動契約機でカードを受け取る必要があるからです。
どうせ初めての契約なら、どの消費者金融でも融資限度額は50万円まで、金利は年18%となります。
プロミスのみ年17.8%となりますが、飛びつくほどの金利ではありません。

なお正直言って無利息サービスのないモビットはあまりオススメできませんが、どうしてもモビットしか近所になければモビットでも仕方ないです。
この際借りられることを最優先し、無利息サービスのことは諦めましょう。

申込はスマホで行い、審査に通ったと連絡を受けてから自動契約機に向かいましょう。その際無人契約機の予約をしておけば待ち時間が少なくてすみます。
休日の昼間は特に自動契約機が混雑するので、予約するのがオススメです。

なお本当に近所に自動契約機があるなら、運転免許証のみ持って飛び込みで申し込むのもいいでしょう。
休日でも90分もあれば契約が完了できるから、スマホでチマチマと打ち込むのが面倒な方にオススメです。

借金経験あり年収200万円でも消費者金融の審査が通るのか

いますぐにでもお金を借りたいときは人生で一度は訪れますよね。けれども誰でもすぐにお金を借りられるわけではありません。必ず消費者金融からの審査があります。例えば、年収や勤め先や住居形態を聞かれ、過去に借金を負っていないかなどを信用情報機関から調べられます。

じゃあ借金の経験があり、アルバイトで年収が200万円程度だとお金が借りられないのか、というとそうでもありません。消費者金融ごとに審査基準を設けているので、審査が比較的ゆるい企業もあるからです。例えばフクホーという企業はキャッシングをしやすいと言われています。

とは言っても、審査はあります。審査を通過するためのポイントはまず自分の状況を的確に把握することです。消費者金融の与信スコアリングで使われている評価項目をご覧頂き、現在の自分の状況を客観的に見つめ直して見て下さい。