保証会社の持ち株会社に注意!審査落ちの場合に避ける会社とは?

銀行カードローンやフリーローンの魅力は、15%以下ないしは10%以下の低金利で高額な融資を受けられる点です。また、消費者金融の場合、金利は高く設定されている分、銀行よりも審査の通過率が高いというメリットがあります。

銀行ローンの殆んどは、保証会社の審査を通過する必要があり、消費者金融系または信販会社系のどちらかになります。特に消費者金融系の保証会社が利用されるケースは多く、銀行ローンで審査落ちした場合、保証会社が貸金事業として行うキャッシングローンは審査通過が望めなくなります。また、その逆も然り、消費者金融のキャッシングローンの審査が通過出来ない場合、銀行ローンを契約出来なくなるといった問題があります。所謂、保証会社の独自データベースに記録が残ってしまうということです。

ですが、保証会社が異なる場合において、注意しなければならないのが関連会社ではないかという点です。特に株式会社アコムとエム・ユー信用保証株式会社は別の会社と考えがちですが、親会社と子会社の関係となり、どちらかの審査を通過出来なかった場合、申し込みを避ける必要があります。銀行カードローンやフリーローンを申し込む際は、保証会社の名前だけでなく、『どんな会社なのか』、『どこのグループ傘下か』を確認することが非常に重要となっています。

複数のキャッシング契約はダメージが連鎖する!

キャッシング契約を申し込む際、必ず与信状況を確認するため、申込先の金融機関から個人信用情報の照会が行われます。この際、多重債務のリスクがあったり、金融事故情報があったりすると審査を通過することが出来ません。しかし、個人信用情報の照会は初回だけに限定されず、定期的な与信状況の確認や契約更新時の再審査も行われます。

特に貸金業法が適用されるキャッシングについては、3ヶ月毎の与信状況確認が義務付けられています。ここで注意が必要なのは、キャッシング契約における取引基本契約(会員規約など)において、与信状況が悪化したと判断される場合に利用停止措置が可能となっています。つまり、1社で金融事故を発生させてしまった場合、与信状況が悪化と見做されることで他のキャッシング契約にもダメージが連鎖してしまいます。利用限度額が増額出来ないため、2,3社のキャッシング契約を行いがちですが連鎖での利用停止にならないよう注意が必要です。銀行カードローンの場合、契約更新が1年毎などと個人信用情報の照会が長めではあるものの、気付いたら新規借り入れが出来なくなっているという可能性もあります。また、クレジットカードの支払状況も与信状況に影響を与えるため、キャッシング契約だけでなく、金融商材全般の利用には注意が必要です。

モビットを利用する時の利点とは

消費者金融にはいろいろありますね。それぞれに利点もあります。ここではモビットのメリットについて解説します。

・申し込みはWEB完結する

 モビットではWEB完結申込をすれば、申し込んでから借入れするまで、すべてホームページ上で済ます事が出来ます。これは人目が気になる人も来店しないで済みますし、電話でのやり取りもなし、郵便物が届く心配もありません。ですが、注意しないといけないのは、このWEB完結申込は三井住友銀行あるいは三菱東京UFJ銀行の普通預金口座を持っている。社会保険証あるいは組合保険証を持っている人が利用できますので、誰でもというわけにはいきません。

・たった10秒で簡易審査ができる

 ホームページやローン申込機から申し込めば、名前や生まれた年、自宅、勤続事情、希望する金額などを入力できます。それで融資が可能か不可能か、利用限度額がどれくらいか表示されます。入力してからなんとたったの10秒で簡易審査が完了しますから、すごく早いですね。そして本審査に関しても最短で30分くらいで終了します。結果はメールか電話で通知が来ます。ですが、夕方は申し込みをする人が増える関係から、急いでいるなら午前中に申し込みをしましょう。さらにモビットでは即日融資も出来るのもメリットですね。消費者金融はたくさんありますが、それぞれの長所も確認してから決めましょう。

キャッシングサービスの審査について

お金を借りる方法というのは色々とありますがそうしたサービスの中にも色々と違いがあります。キャッシングサービスは金融サービスの中でも最もお金を借り易いやり方であるといっても過言ではないでしょう。では、それはどんな風に決まるのか、といいますと基本的にはあくまで審査をすることになります。その審査の内容なのですが収入と現在の借り入れなどから判断されることになりまするこの現在の借り入れ、というのは他業者からであろうとも検討されることになります。他社のことなんて関係ないのでは、と思うかもしれませんが、そもそも返済能力に大きく影響することになりますから、これは確認しておきたいと考えるのは当たり前であるといえます。まして、総量規制というのがありますから、これを守る必要がある業者もあるのです。

銀行系は必要ないのですが、消費者金融というのはどうしても年収の三分の一以下しか貸すことができない、という棋聖がありますから、これをしっかりと確認することが重要になっています。キャッシングサービスというのは、こうした審査によって貸すかどうか、ということを決めてもらうことができるようになっています。それをよく覚えておくことです。

金利を重視する人と融資スピードに重視する人が適している業者は?

キャッシングをする時は業者選びが重要になってきますが、主に金利を重視する人と融資スピードに重視する人に分ける事が出来ます。そこで金利を重視する人と融資スピードを重視する人が利用するのに適している業者を挙げていく事にしましょう。

・金利を重視する人はみずほ銀行カードローンがオススメ

キャッシング業者は銀行と消費者金融がありますが、金利が低く設定されているのは銀行になります。銀行の上限金利は14.5%前後で設定されていますが、みずほ銀行カードローンの上限金利は14%に設定されています。みずほ銀行カードローンは銀行の中でも金利が低く設定されているので金利を重視する人が利用するのに適しています。

・融資スピードを重視する人はアコム、プロミスがオススメ

融資スピードを重視する時は即日融資に対応している消費者金融を利用するのが基本ですが、特にオススメなのはアコムとプロミスです。消費者金融はどの業者も申し込みをした日にお金を借りる事が出来ますが、アコムとプロミスは申し込みをしてから最短1時間でお金を借りる事が出来ます。消費者金融の中でも早くお金を借りる事が出来るので融資スピードを重視する時はアコムかプロミスを利用するのが適しています。

消費者金融でキャッシングを利用した方が良い理由とは

借り入れの場合に消費者金融を利用した方が良いケースがあるのをご存知でしょうか。銀行などでもキャッシングは利用出来ますが、あえて消費者金融を利用している人も非常に多いのです。消費者金融にはどんなメリットがあるのか見てみましょう。お金の借り入れが必要になった場合に、消費者金融を利用するのか銀行を利用するのか考える事になりますが、銀行よりも消費者金融が優れているのは、どのような事になるのでしょうか。消費者金融は銀行と比べる金利が高いと言われていますが、現在ではそれほど高くはありません。また銀行と提携している業者も非常に増えてきており、安心して利用する事が可能になっています。また審査に通りやすいので、審査に不安を感じる方には大きなメリットになるのではないでしょうか。

消費者金融の利息は返済が早いほど、金額が少なくなります。また無利息で利用できる条件を満たしている場合は、利息を支払う必要もないので、利用した金額をそのまま返済して使う事が可能です。これは借り入れをしても損をしないという事なので、条件などを確認して無利息キャッシングを利用すると良いでしょう。このように消費者金融のキャッシングにはお得になる要素も非常に多いので、審査に通りやすい消費者金融を選んでみても良いのではないでしょうか。

みずほ銀行カードローンの基本事項

みずほ銀行のカードローンは、インターネットからの申込であれば24時間365日申込可能ですし、ネット申込を行った後は、そのまま来店しないで契約することも可能な、申込がしやすい商品となっています。この他にみずほ銀行のカードローンにはどのような特徴や利点があるのかなどについて紹介をしていきます。

・金利について

エグゼクティブプランの場合は実質年率が3.0%?7.0%、コンフォートプランの場合は実質年率が3.5%?14.0%となっています。なおみずほ銀行で「フラット35」などの住宅ローンを組んでいる場合にはさらにカードローンの金利が引き下げられることもあります。

・融資限度額について

エグゼクティブプランでもコンフォートプランでも融資限度額は最高で1000万円までとなっています。三菱東京UFJ銀行のバンクイックが500万円、三井住友銀行カードローンが800万円まで借り入れが可能ということを考えると、銀行カードローンの中でも特に利用限度額が高いことがわかります。

・書類の提出を省いて契約できる

利用限度額が200万円までの申込なら収入証明不要で契約できますし、みずほダイレクトから申し込みをすれば本人確認書類の提出も不要となります。

即日融資を受けてデメリットになってしまう点

大手の消費者金融はホームページからWeb完結で申し込めるなど利便性が高い点が人気を集めていますが、最大の特徴は即日融資を受ける事が出来る点でしょう。即日融資を受ける事が出来ると金欠状態を防げるというメリットがありますが、デメリットになってしまう点もあるのでしっかり頭に入れておきましょう。

即日融資を受ける事が出来るとお金を簡単に借りれると思い込んでしまうようになります。そのため必要以上に借りてしまう事も多くなり気づいたら借金が膨らんでいたという事も少なくありません。大手の消費者金融は金利が高く設定されているので借金が膨らんでしまうと返済総額が大幅に増えてしまい返済出来なくなってしまう可能性もあります。返済出来なくなってしまって滞納してしまうと信用情報機関に金融事故の履歴が残ってしまい今後キャッシングが出来なくなってしまいます。また住宅ローンを組めなくなったりクレジットカードを作れなくなったりもするので注意しましょう。

アルバイトの人でも利用できるキャッシング

キャッシングサービスは正社員以外の人も利用できます。

金銭的にピンチのとき、キャッシングサービスで一時的なお金を用意したいと考えることもあるでしょう。

お金を借りるとなると、正社員のように本格的に働いていないといけないイメージがあるかもしれません。

条件をクリアしていれば、アルバイトの人でも利用できることがあります。

アルバイトではお金が足りない場合は、キャッシングサービスを利用するのもいいでしょう。

お金を借りるときは、利用者の収入を基準に貸す金額が決まることが多いので、借りられる金額には個人差があるかもしれません。

急な出費等でお金が足りないときや、生活費等が準備できないなら、利用を検討するといいでしょう。

自分が希望する金額を借りられるかはわからないので、お金が必要なときは余裕を持って行動してください。

キャッシングサービスを利用するときは、アルバイト代からの返済になるでしょう。

自分が無理なく返せる範囲内で利用するようにしてください。

業者によっては、利用期間が短い人が有利になることもあります。

自分の経済状況を考えて、一番有利になるところを利用しましょう。

計画的に利用することで、金銭的なピンチを切り抜けられるでしょう。

銀行カードローン 使っていなかったら限度額はどうなる?

銀行カードローンで借入を行って、無事お金を全部返して完済出来たとします。その限度額は何時までも続くものなのでしょうか。実は銀行カードローンは銀行法が適用されていますので、この件については一切法律はありません。消費者金融ですと総量規制等が関係してきて、限度額を維持するには3ヶ月に一度の限度額見直しをする必要がありますが、こと銀行に対しては法律は無いので各銀行が許せば限度額は永遠に続けることが出来ます。

しかし、一応の区切りとして、カードローン規定に契約をして完済してから1年間、新たな借入を行わなかった場合は契約が破棄されると記されています。完済して数年後、また必要になっても契約は無くなってしまっていますので、カードは使えません。

しかし、新たな銀行にカード申し込みをするよりも、一度完済の実績が付いていますので、コールセンターに電話して限度額復活のお願いをした方がいいでしょう。契約は収入証明などの書類を求められて、提出しなかった時も1かげつを目処に無くなってしまいますので気をつけて下さい。

それにしても、消費者金融は3ヶ月に一度審査の見直しをしろや、総量規制に抵触していないかの確認をしろなど色々規制があるのに、銀行カードローンは楽でいいですね。